トップ > コラム > Emi > Vol.03 ラクにキレイをキープできる洗面所収納

コラム・Emi

2020.06.10

Vol.03 ラクにキレイをキープできる洗面所収納

 

OURHOME/Emiです。整理収納アドバイザーとして、家族にとって「ちょうどいい」暮らしや収納の提案をする『OURHOME』(外部リンク)を主宰しています。東京建物とは、昨年ブリリア北浦和の収納をプロデュースさせていただき、家族みんなを巻き込み、家事がラクになる空間をつくらせていただきました。

 

第3回となる今回は「ラクにキレイをキープできる洗面所収納」をお届けします。

 

家族みんなが毎日使う洗面所は、気づいたら物が出しっ放し、汚れもどんどんたまっていきますよね。10歳の双子がいるわが家もちょっと気を抜けばそうなりがち…なのですが、できるだけ「ラクにキレイをキープ」できるように心がけていることがいくつかあります。

 

 

こちらはわが家の洗面所。昨年リフォームした際に洗面台は取り替えましたが、三面鏡は以前のものを再利用しています。

この三面鏡裏収納には、左側から「家族共有のもの、私、夫」と人別に分けて収納。

 

「私の化粧品ストックどこだっけ〜?」と全ての鏡をパタパタ開けたり閉めたりせず、自分のものはここにしかない!という仕組みをつくっていると、時短にもなり、とにかく管理がラク!

 

 

夫の収納場所には、髪の毛をカットするハサミや整髪剤などを分類して収納。自分なりの置き方や定位置があるので、ここは私が勝手に触らないよう気をつけています。

 

 

タオルは、同じものを揃えるように。毎年夏に取り替えるのがわが家の恒例。ここ最近は、某コンビニの極ふわタオルがお気にいりです。

 

畳み方と向きを揃えるだけで見た目がスッキリ。もし違う柄のタオルだったとしても、形と向きを揃えて収納するだけでも、ピシッとキレイにみえますね。

 

 

重い腰をあげて洗面所掃除をするのは億劫なもの。気付いた時にちょこちょこ掃除ができるように、マイクロファイバータオルを鏡にピタッとくっつけて収納しています。

 

とにかく一歩も動かずに掃除のアイテムが目に入るように。そうすると、朝一番に、水道をひねってお湯が出てくるまでの間にちょっと鏡を拭いておこう。洗面シンクをふきあげよう。と、ながら掃除で、ラクにキレイがキープできます。

 

一気に物を整理したり、ラクする仕組みづくりは難しい…そんな風に感じた時は、ぜひ、引き出しや棚ひとつの整理からはじめてみてくださいね。

コラムを読んでくださったあと、洗面所の引き出しひとつだけを、全てだして整理する、これだけで気持ちがスッキリするはずです。

 

では、次回は、「洗面所に収納してある、意外なものって?」をお届けします。お楽しみに。

 

 

Emi <整理収納アドバイザー>

片づけをキーワードに、気持ちのいい暮らしを提案する「OURHOME」を主宰。2009年生まれの双子の母。
大手通販会社での商品企画の経験を生かしたオリジナルのモノづくりや、セミナー開催など多彩に活躍。著書15冊、累計46万部。
現在「Brillia 北浦和」にて、「家族みんなをまきこみ、気持ちがラクになる収納」をコンセプトにした「OURHOME SELECT」プランを監修。

OURHOME公式サイト | Instagram: @OURHOME305 | Instagram: @emi.ourhome |

この記事に関連するタグ

Share