トップ > コラム > Emi > Vol.04 ラクにキレイをキープできる洗面所収納

コラム・Emi

2020.07.15

Vol.04 ラクにキレイをキープできる洗面所収納

 

OURHOME/Emiです。整理収納アドバイザーとして、家族にとって「ちょうどいい」暮らしや収納の提案をする『OURHOME』(外部リンク)を主宰しています。東京建物とは、昨年ブリリア北浦和の収納をプロデュースさせていただき、家族みんなを巻き込み、家事がラクになる空間をつくらせていただきました。

 

第4回目の今回は、「洗面所に収納してある、意外なものって?」

 

 

3LDKの中古マンションを昨年リノベーションしたわが家。

洗面所には、幅110cmのくぼみがあり、そこに可動棚を設置しました。

 

こちらは息子の引き出し。ラベリングでわかりやすく。

 

乾燥機で洗濯を終えた下着や肌着も、すぐそばの洗面所のこの引き出しに収納。家族全員分の下着もパジャマもここにあります。

 

お風呂からあがりここで着替えるので「使うものを、使う場所に」収納してあります。あちこち洗濯物が移動せずリビングが散らからない仕組みとなっています。

 

 

そしてここは「洗面所」ですが、実は洗面とは関係のないものもたくさん収納してあります。

 

・取扱説明書

・工具

・裁縫道具

・文房具

・アクセサリー

・子どもの学校書類

 

洗面所にそんなものを?!と驚かれ方もおられるかもしれません。

 

 

1ジャンル1ボックス収納。ここは文房だけ。ざっくりとした収納が長続きのコツです。

 

わが家の洗面所の場合はキッチンとつながっていることもあり、家族みんながよく通る場所なんです。

ここにあるほうが便利なものは、場所の名前に関係なく、そこに収納する!

 

お片づけのレッスンでお客様とお話をさせていただくと、ついつい

 

「洗面所」は、洗面に関係するものだけを

「クローゼット」は、洋服だけを

「キッチン」には、食品関係だけを

 

と、その名前にあわせたものだけを収納しなければ、という固定概念にとらわれる方もおられます。

 

でも!一般的な概念にとらわれることなく、もっと自分たちが使いやすいように、自分らしい収納でよいのはないでしょうか?

 

 

製氷皿を使ってアクセサリーを収納。こちらも洗面所の引き出しに。

 

ご自宅の洗面所に一度立ってみて、もしかしたら文房具がここにあったほうが便利かな?下着も寝室のクローゼットではなく、洗面所のほうが便利かも!と色々と気づかれることもあるかもしれません。

 

このコラムをご覧いただいたら、その足で、ぜひ洗面所収納をぐるっと見渡してみてくださいね。

 

 

 

Emi <整理収納アドバイザー>

片づけをキーワードに、気持ちのいい暮らしを提案する「OURHOME」を主宰。2009年生まれの双子の母。
大手通販会社での商品企画の経験を生かしたオリジナルのモノづくりや、セミナー開催など多彩に活躍。著書15冊、累計46万部。
現在「Brillia 北浦和」にて、「家族みんなをまきこみ、気持ちがラクになる収納」をコンセプトにした「OURHOME SELECT」プランを監修。

OURHOME公式サイト | Instagram: @OURHOME305 | Instagram: @emi.ourhome |

この記事に関連するタグ

Share