トップ > 暮らしのカタチ > 【OURHOMEと考えた】あたらしい暮らし方にアップデート:間取り編

暮らしのカタチ

2021.04.14

【OURHOMEと考えた】あたらしい暮らし方にアップデート:間取り編


withコロナ、私たちの暮らしをどうアップデートする?

コロナ禍を経験して約一年が過ぎようとしています。特にリモートワークなどのオンライン化は、2020年で約8年分進化したと言われています。ブルーモワメンバーも「働く・学ぶ・遊ぶ・食べる・体を動かす・寝る」といった人生の全てを”我が家”で完結させる暮らしを経験。ニューノーマルと呼ばれる新しいワーク&ライフスタイルにより、暮らしのアップデートが必要となりました。 ブリリア大島パークサイドの商品企画は、ステイホームの暮らしに慣れ始めた頃に取り組んだプロジェクト。コロナ以前から「家族みんなが心地よく暮らす工夫」をコンセプトに活動されている整理収納アドバイザーEmiさん(OURHOME主宰)とのコラボレーションです。これまでEmiさんと共に作った商品企画シリーズは、家族みんなが家で過ごす今にジャストフィット。今回は都心でありながら自然を感じるエリアで、withコロナ時代の新しい暮らしをご提案いたしました。

関連記事はこちら

●ステイホームで暮らしのニーズはどう変わった? 東京建物で働く726名のリアルな調査レポート ●OURHOMEと考えた宅配ダンボールも収納できる玄関


アップデートに必要な3つのコンセプト

暮らしは、小さなひとつひとつの積み重ねです。食事をする、お茶を飲む、掃除をする、物を取り出し、仕舞う・・・そんなひとつずつがスムーズになると家族みんなが気持ちよく過ごせます。今回は「家族それぞれの小さなストレスや不満をひとつずつ解決すること」をテーマとし、大人がリモートワークに集中できる環境、子どもがオンライン学習に取り組める環境、リラックスできる空間、家族みんなが暮らしやすい住まいにするための3つのコンセプトを立案しました。

Emiさんは、こんなメッセージを寄せてくださいました。

“家族を責めずに、仕組みを変える”

いまだかつて想像もしていなかった暮らしの変化。昨年春のステイホーム期間。「家のなかの荷物が多く、在宅勤務スペースなんてつくれない」「収納場所が定まっていなくて、家族からの問いかけにストレス」そんなご相談もたくさん伺った一年でした。整理収納アドバイザーとして、以前より”家族みんなが心地よく家で過ごす工夫”をお伝えしてきておりました。このコロナ禍で、より一層、場所づくり、収納の仕組みづくり、家族が協力しやすいシステムを伝えていく重要性を感じています。
子どもに「あれどこにあるの?」と聞かれなくてもいいように、リビングに一括収納をつくろう。在宅で集中して仕事ができるように、小さなスペースを確保しよう。さっと掃除ができるような、掃除機収納の仕組みを考えればいい。これからどんな時代がやってきたとしても、「家族で心地よく暮らしたい」という根っこは変わらないはず。いつの時代にも、ちょうどよくフィットする家づくりや収納の仕組みを一緒に企画させていただけたことを感謝しております。ぜひモデルルームをご覧いただけますと嬉しく思います。

Emiさんの課題を解決するアイデアは、他者を思いやる優しさとポジティブさに溢れていて、「うん!私にもできそう」と小さなやる気を生み出してくれます。家族で笑いながら暮らしたい。幸福感の積み重ねを感じる暮らしへアップデートするモチベーションを高めてくれます。


家時間をもっと快適に、もっと気持ちよくする工夫

ブリリア大島パークサイドでは、4つのアイデアをカタチにしました。ブリリア北浦和(分譲済)でも好評だった下足入れをベースにアップデートしたエントランスクロゼットや、リモートワークに対応できるスペースなど「まさに、いま叶えたい暮らし」がここにあります。

 1.玄関まわりを散らかさず、いつも気持ちがいいエントランスクロゼット
 2.集中タイムにぴったり。引き戸の扉で変化するリモートワークスペース
 3.スティック掃除機も収納できるオープンリネン庫
 4.家族みんなの小物を収納できるマルチカウンター付オープン収納

また、こちらのマンションには、屋上庭園があります。wifi環境があり、大きな空と見晴らしが気持ちいい場所です。お天気の良い日は、お気に入りの飲み物とノートブックを持って、屋上でリモートワークができます。アイデアを構想する仕事は、青空の下で、鳥の声や風を感じながらやると良さそうですね。もしくは仕事や家事の合間に、ホッとした息抜きに使って、子どもたちも大人もリフレッシュ。ずっと頑張りすぎていたら疲れてしまいます。緩急をうまく取り入れていくことが心地よい暮らしのベース。次回後編では、4つのアイデアを詳細にご紹介していきます。


Emiさん プロフィール

整理収納アドバイザー。片づけをキーワードに、家族が「ごきげん」でいられる暮らしを提案する 「OURHOME」(外部リンク)を主宰。双子の息子と娘の母。大手通販会社での8年にわたる商品企画の経験を生かしたオリジナルのモノづくりや、セミナー開催など多彩に活躍。著書に『小学生のおかたづけ育』(大和書房)『仕事も家庭も楽しみたい!わたしがラクする家事時間』(ワニブックス)など著書16冊、累計48万部。NHK「あさイチ」や「助けて!きわめびと」に出演するなど活躍の幅を広げている。ブルーモワとは「Brillia北浦和」につづいて2回目のコラボレーション。
ブルーモワサイトのEmiさんコラムはこちら

Share