トップ > ストーリー>プロジェクトノート > 在宅ワークを考える―DINKS編― 【Bloomoi×Rigna】

プロジェクトノート

2022.03.18

在宅ワークを考える―DINKS編― 【Bloomoi×Rigna】

コロナ禍を経て一気に身近になった「在宅ワーク」。
一方でいまの住まいで在宅ワークを快適にできているか?というと、まだまだ悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか。
そこで今回、BloomoiではSINGLE、DINKS、FAMILYにカテゴリー分けし、在宅ワークを行っている方々のリアルな声を実際に聞いてみました。


皆さん色々なお困りごとを抱えている様子でした。
すぐに、「住まいを変える」ことは難しくとも、インテリアなどによって「使い方を変える」ことで、より素敵な毎日が送れないか?というのをインテリアのプロと一緒に考えました。

―DINKS編―

パートナーとの二人暮らしは、楽しみがたくさんある一方、自分の思うように過ごせない不自由さもあります。こと在宅ワークとなるとその悩みも深くなるもの。今、まさにパートナーと二人で暮らしている方々からは
「二人同時に在宅ワークする場合にデスクスペースが足りない」
「特に二人ともWEB会議の時は音が気になるので部屋を分けたいが個室が足りない」
といった声が聞こえました。
 より広い部屋、より多い間数の部屋に引っ越すのは簡単ではありませんが、限られた空間でもより快適に過ごすために、Bloomoiが家具・インテリアショップRigna(https://www.rigna.com/)と共に考えたのは、
「ワークができる場所を部屋の中でたくさん設ける」というアイディアです。
DINKSへの在宅ワークの暮らしの提案を、ストーリー仕立でご紹介します。


(家具配置図)

※Brillia ist 浅草橋 (https://brilliaist.com/i-asakusabashi//)の一画を使用(実際の建物の間取りとは異なります)

【DINKS 在宅ワークルーティン】

6:00 起床
朝、夫よりも少し早く起きてゆったりとするひとりの時間がとても好きです。
朝⾷の準備と、軽く掃除を済ませたら、朝⾷を取るのがルーティン。


8:00 夫起床
私は眠気覚ましにベランダでメールチェックをします。そのうち夫が起きてきました。
夫の朝はゆったりめ。今⽇は、午前中は出社し、午後は戻ってきて在宅ワークのよう。
夫は朝⾷をとらないタイプなので、⾝⽀度を済ませるとすぐ出かけていきます。


9:00 業務開始
私は出社がほぼなく、週の4〜5⽇は在宅ワークです。
資料を広げながら仕事をする時は、広さのあるローダイニングテーブルがとても役⽴ちます。


11:00 事務作業
次は事務作業に入ります。ずっと家の中にいると変化がなく飽きてしまうことも…
ちょっと場所を変えて、今度はカウンターテーブルで。
カウンターチェアに座ると⾃然と背筋が伸び、集中できますね。
通常のカウンターテーブルより少し⾼めの天板になっているので、座ることに疲れた時には⽴ったまま作業ができるのもお気に⼊りです。


12:00 お昼休憩
仕事がひと段落したらお昼。⼀⼈だけのご飯なので簡単に済ませることも多いです。
ご飯が終わったらまた仕事を再開。
ソファ兼⽤のダイニングソファはくつろぐにも⾷事をするのにも、
もちろん仕事をするのにも⼤活躍。


15:00 夫帰宅
夫が外回りを終えて帰ってきました。
このタイミングで私も少しリフレッシュにカフェタイム。
ベランダの観葉植物に⽔やりをしたり、夫とコーヒーを飲みながらコミュニケーションを。


リフレッシュ出来たら、それぞれまた仕事に取り掛かります。
夫は在宅ワークの際はWEB会議が多いので、寝室のワークスペースや簡易的にスペースを確保して作業していることが多いです。
私も午後はWEB会議になることも多いので、お互いの配慮が必要となりますが、籠るスペースがあったり、家中のいろんなところにワークスペースを設けたりすることでストレスなく仕事に集中する事ができますね。


18:00 業務終了
お互いの仕事が終わったタイミングで、2⼈で⼣⾷を作る。これも飲⾷が趣味な私たちの⽇課です。さっきまでとは打って変わって、今⽇の出来事やこれからのことなど、いろいろな話をしながら料理するのは、私たちにとって最⾼の時間です。


19:30 夕食
2⼈で⾷卓を囲み、今⽇作った料理をInstagramに投稿して、日々の記録として残していくのも楽しみになっています。
ご飯を終えると、2⼈のお気に⼊りのお酒とおつまみを⾷べながら、撮りためていたドラマを観てゆったりと。
その後はお互いに⾃由時間。こういうお互いの好きな時間を過ごすのも⼼地よいですね。


23:00 妻就寝
私は先に寝ることにします。
夫はもう少し起きているのではないでしょうか。
また明⽇もお互いに仕事を頑張って、2⼈の時間、⼀⼈の時間を楽しんで過ごせたら、それだけで幸せですね。


リグナ記事ページ:https://www.rigna.com/contents/article/Rigna_BrilliaBloomoi_Dinks

Share